最新話 情報

木洩れ日のひと|最新話10話【無料】ネタバレ

投稿日:

川端志季さんの連載作品「木洩れ日のひと」の最新話が読めるフィール・ヤングは、毎月8日に発売です

同時配信の電子版が便利でオススメ!


1巻まるまる今だけ無料で読める作品のご紹介

⬇当ブログ人気No.1記事です✨✨

1巻まるまる今だけ無料で読める作品のご紹介

⬆アクセスランキング1位 👑

10話 3巻 FEEL YOUNG 2024年7月号

FEEL YOUNG 2024年7月号

出版社 祥伝社/2024年6月7日 発売

◇1巻まるまる無料◇ほぼ毎日更新◇

1巻まるまる今だけ無料で読める作品のご紹介

狼領主のお嬢様 / 1&2巻 -今だけ無料-

2023年9月14日まで

リンク切れ

『そう これは』

『当然の末路だった』

『私の家は武功を立てたご先祖様が 国王様より与えられた広い土地の領主だ』

『しかし私の祖父と父は』

『自分達の贅沢の為に領民から搾取をし 豊かだった領地は見る見るやせ細っていった』

『当然領民からは不満が溢れたが 祖父と父は不満を申し立てた領民を処断し 恐怖で領地を支配した』

「領主の娘を捕えたぞ!」

「残りの先代達はどうした!?」

「地下に逃げたので入口を塞ぎました」

「この炎だ 命はないだろう」

「お父様…  お母様」

「カイド様!」

「長い間ご不便をおかけいたしました」

「いや お前達にこそ不便をかけた」

「何も卿自ら犬の真似事などなさらずとも良かったのです」

「そう言うな 他に年の合う者がいなかっただろう?」

「左様でございますが……」

「我らは毎日生きた心地がしませんでしたとも」

(ヘルト…?)

『頭がいいから なんて理由で母に雇われた 私より一つ年下の十六歳の少年』

『いつもニコニコ笑っていて 誰からの受けも良かった』

『けれど』

(……違ったの)

「カイド様! こちらに…」

『『ヘルト』なんていなかった』

(…嘘だったのね)

『背が低いのを気にしていたことも』

『街の少女から花を貰ったと真っ赤になっていたのも』

『夜眠れない私にわざわざ温かなお茶を淹れてくれたことも』

『私の』

『恋人だったことも』

(…ああ  髪色さえ違ったの)

「………お嬢様」

「…何か御用かしら 新しき領主様」

「あまり苛めないでやってくださいな  遅い初恋にのめりこんで落ちぶれた惨めな女から これ以上何を奪いにいらしたの?」

「屋敷?  お庭?」

「ドレス?  宝石?」

「家族? もういないわ」

「恋人?  最初から どこにもいないわ」

「お嬢様」

「それとも お父様の悪事の証拠? 元から知らないわ  だから二年もかけさせてしまったのね」

「私が何も知らないばっかりに」

「嫌だったわよね ごめんなさいね  年増の勘違い女から 浮かれきった恋人ごっこなんてさせられて」

「可哀想ね あなた」

「お嬢様!」

「貴女は何もご存じではなかった」

「どの悪事にも関わっていなかった  ただ屋敷の奥で囲われていただけだ!」

「その事実を仰るだけでいいのです」

「それなのに 何故そう証言しないのです」

「何故 してもいない罪ばかりを白状するのです」

無料期間が終わっても サンプル試し読みできます! 気になったら ぜひチェック♪


1巻まるまる無料がいっぱい

画像をクリックして6/24更新の固定ページに移動してください

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】

-最新話 情報

Copyright© あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.