結末

雲上楼閣綺談 最終回 8巻 ネタバレ注意

投稿日:

1巻まるまる 今だけ無料で読める作品のご紹介【PR】

3巻まで無料

デブとラブと過ちと!

2巻も無料

魔王様としゅんくん

10巻まで無料

神様はじめました

3巻まで無料

星降る王国のニナ
Sugar Sugar Honey 再生のウズメ
ライバル店の女に興味なんかねぇよ

2巻も無料

お嬢と番犬くん

BLマンガ

ララの結婚

3巻まで無料

異世界で最強魔王の子供達10人のママになっちゃいました。

2巻も無料

恋のようなものじゃなく
となりのメガネ王子とヤンキーと!

12月21日まで

2巻も無料

となりのメガネ王子とヤンキーと!

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました

12月21日まで

2巻も無料

ハズレポーションが醤油だったので料理することにしました

かわいすぎる男子がお家で待っています

12月14日まで

2巻も無料

かわいすぎる男子がお家で待っています

竜の花嫁お断り

12月11日まで

1巻まるまる無料

竜の花嫁お断り

やわ男とカタ子

12月22日まで

3巻まで無料

ドラマ化で話題沸騰!

やわ男とカタ子

彼女が公爵邸に行った理由

12月18日まで

2巻も無料

彼女が公爵邸に行った理由

異世界の沙汰は社畜次第

BLマンガ

1巻まるまる無料

BookLiveユーザー 超高評価✨

異世界の沙汰は社畜次第

佐原先生と土岐くん

BLマンガ

2巻も無料

ドラマ放送記念!!

佐原先生と土岐くん

期間限定 今だけ0円、まだまだ多数あり✨

今だけ無料で読めるマンガ情報

最大10巻まで無料!!

【本ページはプロモーションが含まれています】

雲上楼閣綺談、最終話 完結8巻 感想

※ネタバレ注意です※

百年という長い間、人は一人の人を変わらずに愛し続ける事は可能なのでしょうか。

三日月様は人ではなく、仙人だから、可能だったのでしょうか?

ですが、三日月様だってかすみと会えず、寂しかった筈です。

世界の為に、地の神様の元で眠りについている愛弟子であり、そして、最愛の人と離れて、平気な訳はありません。

それでも、三日月様は皆の前ではいつもと変わらずに、穏やかな表情でした。

かすみが眠りについた後、世界は変わったのだと、改めて思いました。

村人は気軽に三日月様を訪ねてくるようになり、今や仙人も人間も関係なく暮らせるようになり、あれほどまでに険悪だったギア族とも、ぎこちないながらも平和な関係が築けているんです。

ただ、やはり仙人と人間の間には、解決出来ない「時間」という壁があるのだと思いました。

女性の仙人である綺羅は、人間の男性と結婚をしましたが、いつまでも若いままの姿の仙人と違い、人間は年をとり、亡くなってしまいます。

綺羅は、夫も子供も亡くしていたのです。

どれだけ愛していても、「時間」だけはどうにもならないのだと思いました。

ですが、その証しはちゃんと残っているんです。

綺羅と男性の間には、子供が、孫が、ひ孫がいます。

これからも、その血は絶える事がないのです。

そして、三日月様同様に、もう一人、長い年月を一人の女性を愛し続けた男性がいました。

ギア族の長の弟であるイリヤです。

村を守る交換条件として、ギア族の巫女として水晶の中で眠り続けた女性を、イリヤはずっと愛していました。

そして、女性もまた、イリヤの事を思っていました。

水晶から解放された時に、イリヤは初めてその女性の名前が茉莉花だと知るのです。

名前も知らない女性を、百年という間想い続けていたというイリヤは、出番こそあまりなかったのですが、かなり注目のキャラクターです。

役目を終えたかすみは、大人の女性へと成長していました。

そして、彼女は故郷の村で、改めて両親の愛を知る事になるのです。

自分と良く似た「かすみ」という名前の少女。

彼女こそ、かすみの子孫なのです。

かすみが仙人に捧げられた事を忘れない為に、かすみの家では、最初に生まれた女の子に「かすみ」と名前をつけるのです。

今の平和は、かすみのおかげなのだと忘れない為に。

それは、人間である両親が出来る最大の愛情だったのです。

皆がかすみを忘れない為に、我が子を捧げなくてはいけなかった両親の、切ない願いだったのです。

その愛を、かすみは百年という時を過ぎて知る事になったのです。

どれだけ両親に愛されていたかを知る事が出来たかすみは、愛する人の元へ急ぎました。

三日月様の前に戻ったかすみは、以前の幼い少女ではありませんでした。

大人の、美しい女性へと成長していました。

三日月様は、かすみの前で、やっと本音を口にしました。

長生きする事に慣れている筈なのに、待ちわびて石になるかと思った。と、言った三日月様は、仙人ではなく、普通の恋をしている男性でした。

百年たっても変わらない三日月様の優しさが、かすみを支え続けたのだと思います。

三日月様が待っていてるという安心感が、一人の少々を強くしてくれたのだと思います。

百年の間に、異種間の交流が普通になった事はもちろんですが、仙人の恋愛が自由になったなった事、かすみが地の神様の元で眠っていた間に、世界は確実に変わってきたのです。

三日月様がかすみに「愛しています」と言うのですが、このたった一言に、全てが詰まっているような気がしました。

かすみと出会い、変わったのは三日月様の方だったのかもしれません。

かすみが幸せそうに三日月様の横に並び微笑む姿は、とても素敵で、とても愛おしく感じました。


◇1巻まるまる無料がいっぱい◇

画像をクリックして 12/9更新の
固定ページに移動してください

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】

-結末

Copyright© あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.