最新号 情報

姉フレンド 最新号

投稿日:2024年2月28日 更新日:

講談社「姉フレンド」 93号 【PR】

無料サンプルあり! 試し読みできます😊

発売日/2024年7月1日


1巻まるまる今だけ無料で読める作品のご紹介

⬇当ブログ人気No.1記事です✨✨

1巻まるまる今だけ無料で読める作品のご紹介

⬆アクセスランキング1位 👑

【本ページはプロモーションが含まれています】

おすすめマンガのご紹介 ネタバレ / あらすじ

私がモテてどうすんだ 46話

ついに花依ちゃんの気持ちが決まりましたね!!!^_^。

眠っている間に花依ちゃんと出会った時のことを夢で見ていたことや、元気玉やら練成陣やらのことまでキッチリ覚えていてくれた六見先輩ですが、花依ちゃんからの言葉も、手を握ってくれたことも、キスも覚えていてくれていて嬉しかったです。

そして それは現実なんだということを、花依ちゃんの反応で六見先輩は気づいたでしょうか・・・?

2人して どきどきが止まらなくて、すごくカワイイですね *≧▽≦*

お兄さんタイミング・・・!なんて思っちゃいましたが、花依ちゃんに もう少し心の準備が必要ではあったので、むしろ良かったかも?

七島たち みんなと順々に握手をしていた花依ちゃん、自分の気持ちを知る 最終確認だったのですよね。

(・・・やっぱり・・・、誰の手に触れても、六見先輩みたいにはならなかった・・・、先輩だけが)

さすがに六見先輩の手が肩に触れただけで大ケガしそうになるのは困りますが(笑)、しかし安心しました!

よかったです!もし、あれ?誰の手に触れてもドキドキする!・・・なんてことになったら どうしようかと・・・ ^_^;

振り出しに戻る、なんてパターンも ほんの少しだけ あり得る気がしてたので、花依ちゃんのことだから(笑)

でも そんな心配は失礼でしたね、ついに・・・本当の本当に 心が決まった花依ちゃん!

その変化に誰よりも先に気づいたのは、五十嵐だったのかなぁ・・・。

屋上で花依ちゃんの「告白の返事」を聞いた時、五十嵐だけは覚悟ができていたかもしれませんね。

「うん、答えを出してくれて ありがとう」

そう言う五十嵐の笑顔は、誰よりも納得してくれているように見えます ^_^。

とはいえ、七島も、四ノ宮も、仁科ちゃんも、みんなが笑顔で花依ちゃんの返事を受け止めてくれたことに、とても感動しました!!!

そして、去り際に六見先輩にタッチしていくところがステキですよね。

彼女のことを任せた、そんな気持ちでいてくれたのではないでしょうか ^▽^。

ぽかぽか叩いていた四ノ宮も、きっと・・・!多分・・・!(笑)

花依ちゃんと六見先輩を2人きりにしてあげるため、屋上から出ていく4人の後ろ姿がステキすぎます!!!

すんなりいくだろうか・・・?と少し不安に思っていたけれど、告白を決意した花依ちゃんに迷いはありませんでしたね。

そうですよね、みんなに遠慮して・・・なんて思ったりしたら、その方が失礼です!

必死な表情で六見先輩に想いを伝えた花依ちゃん、「喜んで、俺も大好きだよ」と応えてくれた六見先輩、ものすごくキュンキュンしました!!!*≧▽≦*

いよいよ モテすぎて困っていた花依ちゃんも特別な1人と結ばれて、次回から新章になるのですね!?!

どのような展開になっていくのか、とても楽しみです *^_^*

私がモテてどうすんだ 47話

ついに特別な1人とお付き合いが始まって、どんな展開になっていくのか楽しみしていましたが、まさか こんなにラブラブな姿を見せびらかしてくるとは(笑)

嘘みたいにバカップル!!!本人達だけ気づいてないのがタチ悪いですね ^_^;

たしかに、フラれた彼らの前でも あのベタベタっぷりはヒドイ・・・!

休み時間のたびに六見先輩がクラスに来て いちゃ~♥べた~♥を見せられるなんて、そりゃカンベンして!ってなりますよ >_<;

「傷心の俺らの前でベタベタベタベタやめてくれませんかね!!せめてここではカンベンしてくださいよ!!」

ハッキリ言った七島が かっこよく見えます *^▽^*

他の3人に比べて冷静だった五十嵐ですら、2回目の(ウゼ―――――!!)も飛び出しましたし・・・、あーちゃんもビックリするほどの 色ボケ花依ちゃん!

しかし単純に、彼氏ができた喜びで浮かれてるだけ、ってワケでもないんですね・・・?

朱ちゃんの身に そんな急展開が起こっていたとは・・・!!!

裏切られたショックで、情熱の対象が朱ちゃんから六見先輩へ。

そのまま花依ちゃんの情熱が ずーっと六見先輩に向け続けられるなら、徐々に落ち着く程度で色ボケも収まるか、反対に周りが慣れるか、いずれ どっちかになって平和だったんでしょうけど・・・、新しい情熱が突然 降って湧いて出るのがオタクなんですよね!*≧▽≦*

ミラ・サガ続編決定!!!シオンが生き返るかも!?!

己が何者であるか思い出してしまった花依ちゃんの情熱の対象が一気にシオンへ・・・!

16日の約束の時間をずらすことも 笑顔で許してくれる優しい六見先輩に、花依ちゃんは甘え過ぎちゃってますよね >_<。

イベントが諦められない気持ちは仕方ないけど、あんなに六見先輩にベッタリだったのに、急にミラ・サガのことで頭がいっぱいになってしまっては、六見先輩だって寂しいはずですよね??

たしかに、「変わった」のではなく「戻った」と言えますが・・・。

楽しそうな花依ちゃんを見守って、笑っていてくれる六見先輩の心の広さはステキだけど、六見先輩自身でさえ気づいてないうちに、ムリしてるのでは T_T。

そのことに唯一 気づいていた六見先輩のクラスメイト・八城くん。

イベントで花依ちゃんと会ったのも、チケットを譲ろうとしているのも、本当に ただの偶然なのか疑ってしまいました。

もしかして、六見先輩を心配して花依ちゃんを試そうとしてる?とか・・・。

でも、ミラ・サガのファンってことは本当っぽいですし、何か企んでるにしても そのためだけに最前ドセンターのチケットを持ってるとは考えにくいですね。

六見先輩の大切なおじいさんのお墓参り、大事な大事な約束!

だけど、プツッ・・・っと我を忘れた花依ちゃんはイベントを取ってしまうのでしょうね・・・。

目の前に最前ドセンターのチケットですもん、気持ちは分かります・・・!!!

それでも、六見先輩が あまりに可哀想 >_<。

六見先輩は どこまでも許してくれる、なんて勝手な思い込みだって、花依ちゃんに気づいてほしいです。

続きが どうなるのか、次回が気になりますね!!!

私がモテてどうすんだ 48話

花依ちゃん・・・、やっぱりイベントを選んでしまっていましたね・・・、しかもプレゼント抽選のポスターまでゲットして・・・!人一倍 満喫してる!^▽^;

もう花依ちゃんは ミラサガのことで頭がいっぱいの顔をしていたから、まぁそうだろうな・・・という感じではありますが、六見先輩に連絡すらしてないとは!!!

待たされて、心配して、八城くんからの連絡で花依ちゃんはイベント会場にいることを知って・・・、そして1人でお墓参り・・・、六見先輩が可哀想すぎます >_<。

花依ちゃんー!あまりにもヒドイよ!・・・といっても、もちろん そんなこと、我に返った花依ちゃん本人が一番 感じてることですよね。

六見先輩、花依ちゃんからのラインに優しく返事をしてくれてますが、“イベントに行ってたことは分かってるよ”的に匂わせてます?無意識かもしれないけど・・・。

スタンプの『BYE BYE』も、花依ちゃんのネガティブな勘違いなんかではなくて、本当に『もう今日は話したくないぜ』って意味が込められているのでは。

怒っているから 嫌味で返したいワケではなくて、自分の感情に鈍感だから、六見先輩は無意識に そういった形でしか表現できないんじゃないかな?と思いました。

翌日の花依ちゃんが 必死に素直に謝っていることはエライけど、それでも六見先輩は 怒って当然ですよね?むしろ怒らなきゃダメだと思います!

“コツン”だけ、「予定を変更するなら ちゃんと連絡すること、それだけは約束して?」だけなんて、優しすぎてダメですよ・・・六見先輩・・・ T_T。

六見先輩だけが我慢を重ねているだけじゃないですか・・・。

しかし、八城先輩のことを黙っていたのは“人のせいにしたくない”という花依ちゃんの正義感だから、そこを変に誤解しないであげてほしいなぁと思いました。

なのに、わざわざ追い打ちをかける八城先輩・・・、本当に謝りたいだけ?ワザとなんじゃないの?って考えちゃいますね @_@;

反省したのも束の間、欲望に負けてしまう花依ちゃんは、ある意味 それでこそ花依ちゃん!なのかもしれないけど、本当に六見先輩が可哀想です・・・。

それでも何も言わない六見先輩は、ストレスを感じていないのではなくて、ストレスを感じていることに気づかなかった、のですね >_<;

「だって おまえ 昔もあったけど、強いストレス感じると鼻血出してたじゃん?」

感情よりも先に、体がストレスを感じていることを教えるなんて、六見先輩らしいなぁ・・・。

今の状況は 五十嵐たちから見ても、“羨ましい”よりも 六見先輩への同情が強くなってますよね!?!

花依ちゃんへのアドバイス、というか 男の立場として忠告!それを無視してしまった花依ちゃんも悪いですが、しかし またしても八城くんが関わってるってことが怪しい・・・。

八城くんは、花依ちゃんと六見先輩の邪魔をしようとしているのでしょうか??T_T。

だとしたら六見先輩が度々 鼻血を出してしまう原因は、八城くんにもある!

とはいえ、もしかしたら これは六見先輩が変わるチャンスなのかもしれないな?なんて風にも思います。

六見先輩も 言いたいことは言うべき!!!嫌なことは嫌だと言うべき!!!

だから「俺とシオン どっちが好きなの?」と言えたことは、すごく嬉しく感じてしまいました!

六見先輩 よく言ってくれましたー!!!^_^。

あと、「どっちが好きなの?」って言い方がカワイイですよね♥

花依ちゃんはビックリしたかもしれないけど、六見先輩が たくさん我慢していたことを分かってあげて・・・!

六見先輩とシオン、どっちが好きか?なんて難しい質問だと思うけど、花依ちゃんは何て答えるのでしょう??

次は9月号ですね、49話が気になります!!!

私がモテてどうすんだ 49話

「俺とシオン、どっちが好きなの?」なんて たしかに「仕事と私 どっちが大事なの」的な発言で、五十嵐たちが呆れちゃうのも仕方ないとは思うけど、でも それだけ花依ちゃんは六見先輩を不安にさせてしまったってことですよ・・・!>_<。

しかし“俺と八城”じゃなくて“俺とシオン”って聞いたあたり、やっぱり六見先輩は花依ちゃんのこと よく理解してるなって思いました。

芹沼さんが八城と浮気してる・・・なんていう誤解はしてないってことですもんね。

だけど、それこそが八城くんの思惑だったとは!!!@_@;

「――――これで、わかっただろう 六見、彼女の本心が」「彼女はシオンこそを愛している!!」

それを六見先輩にも分からせるために、わざと今日ここで2人をバッティングさせるなんんて・・・ひどい!T_T。

しかし、花依ちゃんが六見先輩に何も告げず来たのは事実であって、六見先輩に「俺とシオン、どっちが好きなの?」と言わせてしまった花依ちゃんが、八城くんを非難することは できませんね・・・。

代わりに五十嵐たちに頑張ってほしかったけど、無理でしたし ^_^;

六見先輩が花依ちゃんに 言いたいことを言えたのは良かったと思いますが、でも みんながワチャワチャしてることに「うるさい!!」と言ったのはビックリですね。

想像以上に、六見先輩は追い詰められてしまっているのでは・・・。

八城くんが やっていること、言っていることに 一応の筋は通っているのかもしれないけど、その理由が「あの天使には心からの笑顔こそふさわしい!!」ってところが かなりの変人・・・ ^▽^;

エンジェル・・・、六見先輩をエンジェルと・・・?

宗教のような雰囲気を出したり、急に語り出したり、たしかに怖いけど 八城くん実は面白い子です(笑)

それに、優しい六見先輩の笑顔に魅力を感じるのは 当然だとも思いますし!!!

「六見にふさわしいのは この僕だ――――!!」なんて、実は 八城くんは六見先輩狙いだと判明、落ち込んでる六見先輩に寄り添おうとする八城くんですが、キスは花依ちゃんの見間違いだろうし、花依ちゃんが この状況に喜んだりしなくて安心しました(笑)

王子様の隣には王子様、という状況が すぐ目の前に現れたことで、浮かれでもしたら どうしようかと・・・ ^▽^;

しかし そんなことなかったですからね!六見先輩を とられたと思って号泣の花依ちゃん、どうするでしょう!?!

実際には八城くんに六見先輩を奪われた、なんてこと絶対にないはずだけど、このままでは六見先輩の気持ちが花依ちゃんから離れていってしまう、という可能性は否定できない・・・ >_<。

かなり厳しかったけど、はっきり言ってくれる五十嵐は ある意味すごく優しいですよね。

「今行ったところで芹沼さんは 先輩を選ぶ、シオンはいらないって、そう言えんの? はっきり言えないなら、もっと傷つけるだけだと思う」

「もし今後も同じようなことが続いたら たぶんもう六見さんは耐えられない、それで芹沼さんも六見さんとのつきあいに不自由を感じるようなら――、合わないんじゃない?」

たしかに言いすぎだし、余計に花依ちゃんを怖がらせてしまったけど、改善してくためには誰かが言って気づかせてあげなきゃいけないことを、五十嵐が請け負ってくれたのかなぁ・・・とも思います。

五十嵐 格好良かった!!!・・・けど、「まっ 別れても俺がいるよ♥」と抜け目ないところが五十嵐らしいですね(笑)

先輩とシオン、もちろん六見先輩のほうが大事に決まってる!でもシオンを忘れるのは無理・・・!

究極の選択を迫られて 答えを見つけられないでいる花依ちゃんは、果たして どう八城くんと戦って六見先輩を奪い返そうとすることになるんでしょうね??

次回も気になります!!!10月号が待ち遠しいです!!!

私がモテてどうすんだ 50話

花依ちゃん 完全に混乱してますね・・・!でも彼氏をとられたと勘違いしてるのだからそれは仕方ないとして、謎の統計を発表する 仁科ちゃんには笑いました ≧▽≦

仁科ちゃんがアホ、それに納得しちゃう花依ちゃんもアホ、ついでに四ノ宮もアホで 5人中3人もアホじゃないですか(笑)

何にしても、花依ちゃんが みんなのところに泣き付いたところで、何も状況は変わらないですよね・・・。

八城くんが花依ちゃんを わざわざ追い詰めるようなことを言うのはヒドイと思うけれど、たしかに五十嵐の言うとおり 花依ちゃんと六見先輩の“2人の問題”ですから。

四ノ宮が見た(押し倒されてる――――!!!!)って状況も、ただの見間違いでしょうね ^_^;

どんどん憔悴していく・・・と思ったら 暴れたり、ついには倒れて寝込んだり、花依ちゃんが心配な気持ちは みんな同じで、冷たいように見えて 本当は誰よりも“おせっかい”の五十嵐が すごく格好良かったです!!!

「・・・ふーん、じゃ、早く結論出してくださいよ、俺、六見さんだから ここまで譲ってんです、でももう待ちませんよ、しっかりしろって言っただろ!!」

ただの本気 と言い訳して、わざわざ確認作業、仁科ちゃんがニヤニヤしちゃう気持ちもわかりますね *^▽^*

その仁科ちゃんも “おせっかい”しに来てたのだから、2人は良いコンビだなぁと思いました!

そして、花依ちゃん復活の導きは あーちゃんでしたか!!!インフルから生還して駆け付けてきてくれた あーちゃん・・・!

女子の悩みは 女子に相談!さらにオタクとしての悩みも絡んでるとしたら あーちゃんに相談!ですね!

だけど あーちゃんに連絡をくれたのが七島だったとは、意外に感じて すごく嬉しいですね ^_^。

フラれても変わらず花依ちゃんに優しい みんなが、本当に格好良いです!!!

それにビシッと言ってくれる あーちゃんもステキでしたね。

分かってはいたとしても、「花依ちゃんが全面的に悪い!!」と最初にストレートな指摘をしてもらうって大事だと思います。

さらに あーちゃんは、どう誘導すれば花依ちゃんの本心を引き出せるか、なんてお見通しだったんですよね!

「花依ちゃんはさあ、シオンに抱かれたいの?」

すごい顔して シオンにはテラだけ!!!って主張する花依ちゃんには笑いました ≧▽≦

ちょっと今回、花依ちゃんの顔が崩れすぎじゃないでしょうか?(笑)

あーちゃんに「ソレが答えだ!!」と導いてもらったおかげで、花依ちゃんは せっかく答えを見つけたけど、六見先輩は 八城先輩の誘いに乗って小旅行中・・・?

地方で大会って 将棋の大会ですか??

気分転換というつもりだけで 六見先輩は出掛けたのでしょうけど、八城くんと一緒なのは危険な匂い・・・!?!@_@;

まぁ実際には そんな心配はないはずですが、六見先輩を助けに向かう展開かな?

花依ちゃんは“答え”を六見先輩に伝えて、無事に仲直りすることができるのか、次回が気になります!!!

私がモテてどうすんだ 51話

雷雨にも強風にも負けず、六見先輩のもとへ行くため 花依ちゃんは本当に頑張ったんですね!でも かけこみ乗車はやめましょう!^_^;

六見先輩の行き先を教えてくれた一馬さんと、駅まで車で送ってくれた仁科ちゃんのおかげで、何とか滋賀へ向かう新幹線に乗れた花依ちゃんですが、実は裏で 仁科ちゃんに実働を頼んでくれていた五十嵐が格好良すぎます・・・!!!

もうズルイくらい格好良くて、五十嵐は 花依ちゃんにフラれてからの方が 魅力が増している気がしてきました。

しかし、天候が最悪なことに加え、様々なトラブルが起こりまくりの 花依ちゃん1人旅でしたね ^▽^;

スマホが壊れたり 新幹線が緊急停車したり バス会社がストで運行してなかったり・・・。

「知ってた!!絶対何かあると思ってた!!」なんて嫌な流れだけど そのとおりで、何か起こって当然の展開に もはや笑うしかなかったですよ(笑)

将棋大会の会場まで 無事に辿りつけたことに、心底 ホッとしました!

それに、まったく運に恵まれなかった道中だったけど、大事な大事な 八城くんとの勝負で勝つための運を 残しておいたんだ!!!とも言えるのではないでしょうか?

表か裏か、二つに一つの可能性、だけど「私は負けない!!絶対!! 六見先輩に会う!!」と、まっすぐに宣言する花依ちゃんがステキでしたね ^_^。

運試しの勝負で 花依ちゃんに負けてしまった八城くんは、すでに恋の勝負でも負けてしまってたんですよね・・・。

八城くんが、本気で 恋愛として 六見先輩のことを好きだったのはビックリしたけれど、でも だから八城くんは 花依ちゃんと六見先輩の邪魔をワザとしていたんだな、と納得できました。

そして、花依ちゃんに負けたことを しっかり受け止めて、六見先輩にフラれたことや 六見先輩の居場所を教えてくれた八城くんは格好良いと思いますし、何だかスッキリした顔をしてますね!^▽^。

嫌な顔をしつつも 花依ちゃんにお金を貸してくれたんでしょうね(笑)

八城くんの言うように、六見先輩を苦しめているのは 六見先輩自身、本当に そのとおりだなぁ・・・と思いました。

優しいところが六見先輩の良いところだけど、それで自分を苦しめていたらダメですね。

「自分の心に正直になれ 六見」「僕は僕の好きにしたぞ、おまえも そうしろ」

八城くんが 本当に格好良くて、花依ちゃんと会えた六見先輩が 自分の心に正直になれたのは、八城くんのおかげでもあるのではないでしょうか。

もちろん、答えを見つけ出して まっすぐに六見先輩に向かっていった、花依ちゃんの頑張りがあってこその話ですが。

「私は、先輩が誰よりも好き!! だいすき!! だから一緒にいたい!!」

「奪ってでも!! 俺だけのものにしたい!!」

「私が抱かれたいのはっ、先輩だけなんです!!」

花依ちゃんと六見先輩の初めての本音の ぶつけ合いは、周りの人をビックリさせてしまったけれど、しっかりと お互いの気持ちを確かることができて、前よりも絆が深まった気がして嬉しい・・・!!!^_^。

そして このまま2人は 初お泊まりですか!?!

この後どうなるのでしょうね?次回が とても気になります!待ち遠しいです!*≧▽≦*


1巻まるまる無料がいっぱい

画像をクリックして7/14更新の固定ページに移動してください

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】

-最新号 情報

Copyright© あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.