過去の記事は 旧ブログ「旧・あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ」にあります。ちょっとずつ このブログに移しています!

◇1巻 まるまる 無料◇

3巻まで無料

5巻まで無料

4巻まで無料

3巻まで無料

2巻も無料

2巻も無料

3巻まで無料

8巻~

16巻まで無料

大注目!!

別マでBL?

4巻まで無料

2巻も無料

2巻も無料

3巻まで無料

◇1巻 まるまる 無料◇

2巻も無料

3巻まで無料

2巻も無料

アニメ放送中

8巻まで無料

2巻も無料

2巻も無料

2巻も無料

2巻も無料

BLマンガ

2巻も無料

2巻も無料

BLマンガ

BLマンガ

1巻まるまる 今だけ無料で読める作品の ご紹介でした

バイト メーカー

Bite Maker バイトメーカー 11話 4巻 ネタバレ注意

投稿日:

&フラワー 2019年45号 Bite Maker ~王様のΩ~、第11話 感想

※ネタバレ注意です※

病院で目を覚ました 秀吉は、従者の右近たちに「彼女の容態は どうなっている? 今どこに?」と尋ねます。

すると、右近から 思わぬ返事が――――

「あの 秀吉様 彼女とは どなたのことでしょう、ホテルの支配人が 病院に運んだのは 秀吉様 おひとりです」

(オレひとりだと?  あの少女は? あの場にいなかったのか?  まさか! そんなはずない、彼女は  あのΩは 足が――――…)

すぐ彼女を探しに行こうとする 秀吉ですが、具合が悪い秀吉を安静にさせたい 従者たちや お見舞いに来てくれた幸村によって、止められました。

拘束されてしまった 秀吉は、幸村に「外せ! こんなこと してる場合じゃ…! 今すぐ行かないと!」と訴えます。

「――――幸村 昨日オレは、Ωを見つけたんだ  でも! オレが意識を失くしてる間に 消えた  無事なら いい とにかく今すぐ 行方を探さないと」

「それは ケーサツ案件じゃ…」

「駄目だ、国が買えるほどの金を拾って 名乗り出る人間が いると思うか、無茶な繁殖、闇の市場の売買、欲と金に溺れた先人、Ωは絶滅したんじゃない、絶滅させられたんだ  Ωをオレは 守りたい」

しかし 幸村は、秀吉の言葉に 耳を傾けませんでした。

「オレは Ωもαにも 興味がない、オレは まめるが好きだから  ――――秀吉 大切なものを 見失うなよ」

左手と両足が 繋がれている上に、体の不調に襲われ 動く事ができない 秀吉。

(Ωに会ったら もっと 浮き足立つと思っていたのに、この気持ち悪さは なんだ――――?)

プールでの一件以来、のえるは 信長と距離を置くようになっていました。

しばらく従者の仕事は休みます、という 書き置きを残して。

デートで何があったの?と 質問するランを無視した 信長は――――

「…もういい 十分だ、ラットより前だが  のえるを孕ませる」

秀吉のお見舞いのため、病院へ向かっている のえる。

プールでの信長の行動を ふと思い出すと、ぞくっ としてしまいます。

(思い上がってた デートで信長にエスコートされて 特別感や優越感を感じなかったって言えば嘘になる 私のために信長が変わってくれたとすら思った いっそ このまま楽しくいられるとすら、

けど違う 一瞬も迷うことなく 車イスの人をプールに落とせる人間 それが信長の本質、

ばかだ 信長が私を好きになんて なるはずがない 好きになんて なる必要がない 信長にとって 私は無意味 大事なのは、

Ωの 子宮――――――――)

のえるの気持ちが 信長から離れていたからこそ、のえると秀吉の距離が 一気に近づいた気がしますね。

恋の匂いに気づいた 秀吉の、のえるへの 想いは、とても真っ直ぐで ピュアだなぁ、と感じました *>_<*

そして、鼻の能力を持つ秀吉は 人の心を勝手に暴くけど、でも 決して、相手の心を蔑ろにしない 秀吉の優しさ、信長とは正反対の その人柄に、のえるも 惹かれていく…かも?

「オレはΩを守りたい」という 秀吉の言葉を、のえるは どのように受け止めるでしょうか。

また、車イスの少女は 一体どこへ行ってしまったのか、一体 何者なのか、めちゃくちゃ 気になります…!!!


◇1巻まるまる無料がいっぱい◇

画像をクリックして 9/19更新の
固定ページに移動してください

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】 期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】 期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】

-バイト メーカー

Copyright© あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.