過去の記事は 旧ブログ「旧・あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ」にあります。ちょっとずつ このブログに移しています!

◇1巻 まるまる 無料◇

2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


分冊版
14巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料

◇1巻 まるまる 無料◇

Bite Maker ~王様のΩ~(電子版かきおろしつき) 1巻 無料!


3巻まで無料


2巻も無料


10巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料

最新話 &フラワー アンドフラワー

泡恋 23話・24話 ネタバレ注意 画バレ注意

投稿日:

24話 5巻 &フラワー 2020年 9号

今回の個人的 いちばんグッときたシーン…!!😭

賢太郎「けど 氷高…  永遠に変わらないもんなんて この世には ねぇよ」

「変わらないでほしい気持ちは 俺にもわかる、中学ん時 親父が死んで 何もかもが変わって めちゃくちゃ苦しんだこと あるから」

「その時は変化を受け入れられなくて 現実から逃げるために 記憶が不安定になって――…」

「でもその後に出会った人達のおかげで、俺は」

「もう昔に戻りたいなんて 思わない」

氷高「や…いやいや それはウソだろ…、カッコつけんな!  由花とオレが会う前に 戻りてぇくせに…っ」

賢太郎「そりゃそうだけど そんなのいくら願ったって 時間は巻き戻らねぇだろ」

「今日… 由花のデータを 全部消したとしても、もう元通りにはならないことも わかってる……」

「由花が傷つくことになったのは、そもそも お前みたいのと つるんでた 自分のせいだし…」

「つーか ほら行こう」

氷高「は?」

賢太郎「病院 やっぱ腕…折れてるよなぁ」

氷高「バカかよ!? 目の前の画像データ消すほうが先だろ!」

賢太郎「本当は そうしてぇよ! 今日はお前を殺してでも…って覚悟で来たんだし」

「でも…ダメだわ お前の腕を砕いた感触…っ、早く手当てしてもらわねーと 気が気じゃねぇんだ」

氷高「気ィ弱…」

賢太郎「うるせーよ! だいたい氷高が どんな境遇で育ってきたとしても 人に対して 最低なことをしていい理由には なんねーからな」

「けど… 俺が投げやりだった頃に 危ない仕事とかを 受けさせないように さりげにフォローしてくれてたことには――  …ほんとに助かったと思ってる」

「それだけは… …ありがとな…」

泡恋24話

『出版社 小学館/水波風南さん』

賢太郎の言うとおり、氷高が やったことは 最低だし、データを消してもらえたところで もう元通りには ならないけど、それでも ひとまず、賢太郎と氷高の間に これ以上の憎しみや執着が生まれなくて よかったです。

氷高が 根っからの悪人ではないことが分かって、よかったですよね。

しかし…、氷高にも 同情すべきことが 沢山あると判明したからこそ、スッキリできない部分もあるなぁ…と思いました。

氷高にも ちゃんと救いがあってほしい…。このままじゃ あまりにも可哀相すぎる…。💧

賢太郎は、謝罪する氷高に なにか声をかけたのでしょうか? そして、なぜ 由花から離れる決意を してしまったのでしょうか!?

由花のことを これからも守りたいから 俺のことは忘れて、さよなら―――― なんて、由花が 受け入れられるはずないですよね…。由花は 賢太郎と再び会える日を、信じて 待っていたのに…。😢

◇1巻 まるまる 無料◇ほぼ毎日0時前後 更新◇

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品

23話 5巻 &フラワー 2020年 1号

今回の個人的 いちばん切なかったシーン…。💧

由花(4か月前の あの最後の日曜日 賢太郎は 言った)

賢太郎『俺ら――――…、しばらく 離れよう  記憶なくしてた頃の人間関係とか そういうの全部…、1人になって けじめをつけてきたいんだ」

由花『べ…別に 過ぎたことは もういいんじゃないかな…』

賢太郎『よくねぇよ!  俺がそのことを 放っておいたせいで 由花が あんな目に――――  寒かったよな… 怖かったよな…っ、その時の由花のことを考えると 変になりそうになる…!』

由花『賢太郎だって 始発の電車まで 雪の中ずっと 外で待ってたんでしょ…?  あんな遠くまで あたしのこと追いかけて 助けようとしてくれて ほんと うれしかった…』

賢太郎『だけど 俺は、全然 間に合わなかったんだ  そんな自分が 許せねぇ  だから ごめん…っ、過去にけじめを つけないままで、俺は 由花と一緒にはいられない」

由花『…わかっ…た… だけど、ひとつだけ 約束…して…?  けじめとか… 全部済んだ後の 最初の日曜日は、あたしに ください  それで 今日 行くはずだった 賢太郎の部屋に… 行ってもいい…?』

賢太郎『俺…これからは 由花のこと 絶対守るから  信じて 待ってて……』

由花(この時 賢太郎は こんな表情で 「約束する」って 言ってはくれなかったけど  あたしは その日曜日を、信じて 待ってるから  だから  賢太郎から 連絡があるまでは、あたしから 会いには 行かないよ)

泡恋23話

『出版社 小学館/水波風南さん』

本当は ぜんぜん平気じゃないし、寂しくて 不安で 仕方ないはずなのに、賢太郎を信じて 健気に待つ 由花の姿、めちゃくちゃ切なくて 応援したくなる…!!

待つことしかできないって すごくツラいだろうな…。誰にも相談とか できないし…。😢

ひとりで 必死に耐えている 由花のため、一刻も早く 賢太郎に戻ってきてもらいたい!! …けど 無茶はしないでほしいです。💦

由花の画像を消すためとはいえ 氷高の家なんかに行って、大丈夫なの 賢太郎!?😨


◇1巻まるまる無料がいっぱい◇

画像をクリックして 6/1更新の
固定ページに移動してください

期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】 期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】 期間限定 1巻まるまる 今だけ無料で読める作品【10巻まで無料の作品も!】

-最新話 &フラワー アンドフラワー

Copyright© あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.